西陣だより

「除菌や抗菌・抗ウイルス」をうたう商品に含まれる成分

(この記事は2021年11・12月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

薬剤部 医薬品情報管理室

除菌・抗菌と抗ウイルスの違いとは?

 「除菌」とは、物体や液体といった対象物や限られた空間に含まれる微生物(細菌)の数を減らし、清浄度を高めることです。「抗菌」とは、細菌を増殖させないことを目的とするのに対し、「抗ウイルス」とは、ウイルスを不活化(ウイルスの外部組織を破壊することで、生物の細胞に侵入して増殖する機能を失わせ、活動を停止させた状態)させることを意味します。「抗菌」だからウイルスにも効くとは限らず、「抗ウイルス」だからといって菌にも強いというわけではありません。風邪の時に「抗菌薬(抗生物質)」が効かないことと同じです。

「除菌や抗菌・抗ウイルス」をうたう商品に含まれる成分

 「除菌や抗菌・抗ウイルス」をうたう商品には、エタノールや次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸水、塩化ベンザルコニウムなどの成分が使われています。しかし、その成分が含まれていても、消毒効果を期待するためには「濃度(含有量)」が大切になります。“除菌”、“アルコール”、“ウイルス”、“99.9%”などの表示から殺微生物効果を連想させる市販製品(環境用または環境・手指用消毒)の殺細菌効果について調査された結果(※ 尾家重治「“除菌”などをうたった製品の消毒効果」 環境感染誌 36(3):157-160,2021)では、「28製品中13製品(46.4%)が、殺細菌効果を示さなかった」としています。殺微生物効果を連想させる製品の半数近くが“無効”であることが判明しました。これら半数近くの製品は、新型コロナウイルスにも効果を示さないことが推定されます。したがって、消毒剤ではない製品を用いるのであれば、消毒剤と同等の成分・濃度の製品や殺微生物効果が確認された製品を選ぶことが望ましいでしょう。

2021年11月01日