患者さんへ

臨床研究の情報公開(オプトアウト)について

厚生労働省より、新たな倫理規定の指針が平成29年2月28日に公布されました。通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、「対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。 このような手法を「オプトアウト」と言い、当院でオプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、いつでも拒否ができ、そのために診療上で不利益を被ることはありません。 オプトアウトを行っている臨床研究は下記の通りです。研究への協力を希望されない場合は、当院医事課(代表075-461-8800)を通して研究担当者までお問い合わせ下さい。

当院にて承認されている臨床研究

診療科

関連情報

 

 

 

 

NCD(一般社団法人National Clinical Database
外科手術・治療情報データベース事業

本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することにより医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供するために利用されます。
当院では、外科、泌尿器科、循環器内科における手術症例について登録を開始しています。
全国の医療施設診療科の情報を収集することで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。
これらの登録情報は匿名化され、患者さんに不利益が生じることはありません。
また、登録については患者さまの自由な意思によりますので、拒否することが可能です。

詳細についてはNCD患者さま向け説明資料をご覧ください。  PDFダウンロード

NCDについてのホームページはこちらからアクセスできます。

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)

本研究は整形外科で運動器の病気や怪我に対する手術を受ける患者さんを対象として手術データなどを集めたデータベースを日本整形外科学会が中心となって作成することを目的としています。整形外科が扱う運動器疾患は小児から高齢者まで幅広い方々を悩ませ、多くの方の健康寿命を損なう原因となっています。その治療である手術の件数も年々増加していますが、その全国規模の全容を捉えられるデータベースがまだありません。全国の整形外科で情報を共有できるシステムを作り上げることによって有効な治療法や手術の安全性を科学的に確立することが可能です。日本整形外科学会が主導で行う日本整形外科学会症例レジストリーに参加・協力し、より良い治療を探って参りたいと存じます。
登録情報は匿名化され、患者さんに不利益が生じることはありません。また、登録については患者さまの自由な意思によりますので、拒否することも可能です。

詳細については日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)患者さま向け説明資料をご覧ください。 

PDFダウンロード   「日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について」

PDFダウンロード     「日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究の説明」

 

JOANRについてのホームページはこちらからアクセスできます。

(西陣病院医学倫理審査委員会承認  第19-27号 2020年2月26日)