診療科・部門

脊椎外来

脊椎外来について

脊椎外来は首・背中・腰の痛みや手足のしびれなど、脊椎脊髄病疾患を専門的に診察する外来です。MRIや脊髄造影検査などの画像検査と専門医による診察に基づいた診断と治療方針の決定を行い、症状や病態に合わせて薬や神経ブロックなどによる保存的治療や神経圧迫除去術 (除圧術) や脊椎固定術などの手術治療を行います。

2020年度の1年間では脊椎手術件数は109件となっており,その内訳も頚椎除圧術10件,胸腰椎除圧術39件 (脊柱管狭窄症36例,椎間板ヘルニア3例),脊椎固定術44件 (頚椎7件,胸椎3件,腰椎34件),その他16件 (経皮的椎体形成術:BKPなど) と様々な疾患・術式に対応しています.顕微鏡を用いた筋肉・関節温存に配慮した除圧術,経皮的手技や術中神経モニタリングを併用した脊椎固定術など,全ての手術治療において体にできる限り負担が少なく安全な低侵襲手術を心がけております.手術翌日からリハビリテーション,歩行訓練を開始し,2週間程度の入院加療を行っています.さらにそれ以上リハビリテーションが必要な患者さんに対しては,当院では地域包括ケア病棟を有しておりますので,基本的には術後転院して頂く必要はなく,当院で術前から手術,術後のリハビリテーションまで全てのケアが可能です。

外来診療体制

常勤医師1名、非常勤医師3名による脊椎外来を行っています。詳しい受診方法に関しましては、当院の整形外科外来にお問い合わせください。

受付時間
午前
8:30~11:00
- 北中
(予約制)
- 北中
(予約制)
髙取
(完全予約制)
第4週
担当医
(予約制)
午後
13:00~15:30
- - 長谷
(完全予約制)
- - -

病院広報誌より

西陣病院の広報誌、「西陣病院だより」に掲載しました整形外科医師の記事を紹介いたしております。

脊椎手術治療実績(2016-2020年度)

担当医師の紹介

担当医師氏名 専門医・認定医
北中 重行
部長
専門:脊椎脊髄外科
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本脊椎脊髄病学会・日本脊髄外科学会 脊椎脊髄外科専門医
医学博士
長谷 斉
非常勤医師
専門:脊椎脊髄外科
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本脊椎脊髄神経手術手技学会理事
医学博士
髙取 良太
非常勤医師
専門:脊椎脊髄外科、関節リウマチ
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本リハビリテーション医学会臨床認定医
日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医・評議員
医学博士
西陣病院、顕微鏡を用いた脊椎手術

顕微鏡を用いた脊椎手術