診療科・部門

看護部

目次

看護部について


西陣病院 看護部長 佐伯  昭子


 

 

この度、2020年4月1日付けで西陣病院看護部長に就任しました佐伯昭子です。

 私は平成2年に当院に入職し、平成16年に副部長に就任、透析センター科長、医療安全室長、ベッドコントローラーを兼務後本日にいたります。当院看護部は看護師と、看護補助者の約330名のスタッフがおります。病院の拡充とともにスタッフ数も増え、近年は、出産後も継続してくれる子育て世代が三分の一を占めるようになり各層が厚くなってきました。看護部の理念は「私たちはその人らしさを尊重した看護を提供し、自立を支援します」と掲げています。今年の看護部の目標はその人らしさに注目し、気づきを大事にしたいと考えています。超高齢化・多様化社会の中、患者さん・御家族の悩みは疾病のことだけにとどまりません。声にだされることだけを捉えるのでなく、観察力、洞察力、コミュニケーション力をフルに発揮して憶測にならない看護ケアを行いたいと思います。また、「レジリエンス」(状況に合わせて柔軟に対応できる力と心)を兼ね備えたスタッフ教育を目指し、「倫理的ジレンマ」にある、治療・看護ケア時におこる葛藤に目をそむけず、多くの人達とカンファレンスを重ね、柔軟な思考でケアを行える組織づくりをしたいと思います。
 そして国は、国民の健康寿命を延ばす取り組みを推進しています。皆様の健康を支えるために、糖尿病、腎不全、皮膚・排泄ケア分野のスペシャリストナースによる看護師外来を充実させ、開業医の先生方と共に地域の方々の健康増進に貢献できるよう努力してまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

看護部理念

私たちはその人らしさを尊重した看護を提供し、自立を支援します

看護部基本方針

  • 思いやりのこころと、あたたかい笑顔を心がけます
  • 安心できる看護を提供します
  • いきいきした職場づくりに努めます

西陣病院の目指す看護

  1. すべての患者の命、人生、価値観を尊重し、人としての尊厳を守る。
  2. 患者が安心できるその人にあった、安全・安楽で、そして自立を支えるための看護を提供する。
  3. プロフェッショナルであるという自覚と責任とプライドを持ち、他の医療従事者と協働し、
    患者にとってより良い結果を出す看護を提供する。
  4. 地域の人々に貢献する看護を提供する。
  5. 時代の変化やニーズの変化にあった看護を提供する。

看護体制

急性期病棟 7対1
障害者病棟 10対1
地域包括ケア病棟 13対1

看護提供方式

固定チームナーシング

看護部部署紹介

外来 「地域に密着した良質な医療を高いレベルで提供する」という基本方針のもと、年間400件の循環器検査及び治療、年間400件に上るシャントに関する治療、年間4500件の内視鏡検査・治療を行っています。
 高齢の患者さんが多い当院において、病気を抱えながらも住み慣れた地域で継続して生活ができるよう、今年度から外来と入退院支援室を統合しました。地域包括ケアシステムの構築が進む中、外来看護の重要性が高まってきています。診察や検査の介助が主な仕事と思われていた外来看護を、患者さんの生活に目を向け、患者さんの『自分らしく生きる』を支えるために、患者さんや家族に心から寄り添い、その人らしく病気と共存しながら生きることを支援していきます。
手術室 手術室は全3室あり、外科・整形外科・泌尿器科・眼科・皮膚科の手術症例を年間1400件あまり行っています。
私たちは患者さんが安心して手術が受けられるよう、各部門が協力し清潔、安全確保に努めています。退院後の生活を見据え、思いやりの心と温かい笑顔で手術前だけでなく術後も訪問し患者さんのサポートを行っています。
透析センター 透析センターは血液透析をはじめとした血液浄化法を行っています。
医師、臨床工学技士と連携し安全で安心できる透析治療を行うとともに、固定チームナーシングで細やかな看護が提供できるよう日々カンファレンスを実施しています。 患者さんの生活をサポートするため必要時は自宅訪問をし、ケア内容を検討しています。 また多職種で構成された合併症予防チームがあり、看護師もそのメンバーに入り専門性を高め患者さんが快適に生活していただけるよう支援しています。
入退院支援室 入退院支援室は、患者さんに入院時から関わることで退院支援の必要性を早期に把握し、患者さんとご家族が安心して在宅や施設へお帰りいただけるようにお手伝いをしております。
開業医の先生方や事業所の担当者さんとの連携も大切にしながら日々奮闘しております。
本館3階病棟 <内科全般、腎・泌尿器科>
本館3階病棟は急性期内科疾患と腎臓・泌尿器科疾患の患者さんが主に入院されています。
病棟で人工透析が可能な設備が整っており、重症で人工透析が必要な入院患者さんや腹膜透析導入の対応もしています。
また、内科急性期疾患全般の患者さんが入院してこられるので様々な疾患に対応できるようスタッフ一同日々の研鑽とチームワークで安全で質の高い看護実践を心がけています。
本館4階病棟 <消化器内科・循環器内科・泌尿器科>
本館4階病棟は急性期内科病棟です。
手術や検査と言った急性期治療はもちろん、慢性疾患をお持ちの方や退院支援が必要な方にも看護スタッフみんなで協力し合ってケアを行っています。
地域の皆さんが安心してご入院して頂けるよう、医師、入退院支援看護師、薬剤師等の多職種と連携をとり、患者さんやご家族の意思を尊重した医療・看護を提供できるよう頑張っています。
本館5階病棟 <地域包括ケア病棟>
本館5階病棟は、地域包括ケア病棟です。
専従の理学療法士を始めとして、ソーシャルワーカーや入退院支援室看護師などの院内各部署と連携して、リハビリや退院支援を行い、また地域のケアマネージャーさんや施設職員の方々とも連携して、安心して地域へ戻っていただけるよう支援しています。 週1回の地域包括ケアカンファレンスや家庭訪問・退院前カンファレンス,退院後訪問指導も積極的に行っています。
西階2階病棟 <整形外科・眼科>

西2階病棟は37床の病棟で、主に整形外科・眼科白内障や短期滞在(シャントPTAEMRなど)の患者さんを受け入れています。
整形外科疾患は、脊椎疾患・転倒による骨折、変形性股関節症や変形性膝関節症の患者さんが多くおられます。入院や手術に対する不安軽減と、術後の状態変化へ迅速な対応ができるよう看護しています。また、少しでも早く元の生活に戻れるよう、リハビリ科・退院支援看護師、ソーシャルワーカーなど多職種と連携し、退院支援にも力を入れています。
当院では、入院後早期より状態に応じて、看護師のリハビリテーションを実施し、患者、家族の望むゴールに寄り添えるようにかかわっています。

西館3階病棟 <外科・泌尿器科>
西館3階病棟は、主に外科・泌尿器科の周術期患者さんが多く入院される急性期病棟です。
また、がん患者さんも多いため病棟内で勉強会を開催し緩和ケアにも取り組んでいます。
入退院の多い病棟ですが、医師、入退院支援看護師、薬剤師、管理栄養士、医事課などと連携し、患者さんに最善の医療を実践できるよう心がけています。
西館4階病棟 <障害者病棟>
西4階は、急性期治療を終え自宅または施設退院までにもう少し調整を要する場合や、もう少し治療の継続が必要である場合に御利用していただく病棟です。時に看とりの場でもあります。内科系・外科系の急性期病棟から転棟されてきた早期より退院支援を視野に入れ、安心して退院または余生を全うできるよう個別性を尊重し日々の関わりを大切にしながら患者さんとその家族の思いに寄り添える看護を心がけております。
西館5階病棟 <障害者病棟>
西5階病棟はリハビリテーション、治療の継続、退院調整の必要な患者さんが、急性期病棟から来られます。そのため、外科、整形外科、泌尿器科、内科と様々な疾患をもった患者さんが入院されています。患者さんは高齢の方が多く、安心して治療やケアを受けることが出来るように、カンフォータブルケアを病棟全体で実施しています。(カンフォータブルケアとは認知症の周辺症状の要因となる不快刺激を出来るだけ取り除き、認知症患者さんが心地よいと感じる快刺激を提供することです)病棟は治療の場であり生活の場であることを常に意識し、患者さんのQOLを大切にしています。患者さんやご家族の想いに寄り添い、他職種と協力し安心して退院ができる支援や看取りをしています。

認定看護師紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師 多氣真弓

「皮膚・排泄ケア」分野は、スキンケアを基盤として創傷、人工肛門・人工膀胱、失禁のケアを専門に行います。
当院では、深くて大きな創傷に対しては、皮膚科医や外科医と協働して陰圧閉鎖療を行い、退院後のケアにかかる介護者の負担が軽減できるようにしています。 皮膚(創傷)ケアや失禁ケアは、患者さんの療養の場がどこであっても継続される必要があります。 皮膚・排泄ケア認定看護師は訪問看護師や施設の看護師と連携を取りながら適切なケアが継続できるようにしています。

糖尿病看護認定看護師 立山一美

糖尿病は食生活の欧米化や生活習慣の変化に伴い増加の一途を辿っています。
私は、糖尿病看護認定看護師としての専門的知識を活かして、糖尿病の合併症を防ぎ、患者さんが、毎日の生活を糖尿病とうまく付き合いながら自分らしく過ごして頂けるよう、共に考えていきたいと思っています。