西陣だより

漢方薬によく含まれている「甘草」のお話

(この記事は2021年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

薬剤部  薬剤師  大竹 優樹

生薬とは植物や鉱物、動物の臓器などから薬効をもつ成分を抽出したもので、漢方薬とは定められた生薬の組み合わせで出来ています。
今回は、漢方薬の約7割に配合されている「甘草」について紹介します。

漢方薬によく含まれている「甘草」のお話

 甘草は、文字通り、噛むと甘みのある草で、東洋・西洋で紀元前より薬として用いられ、効果として鎮咳・去痰・健胃・抗炎症・鎮痙・鎮痛作用などがあります。西陣病院で取り扱いのある甘草を含む漢方薬には、芍薬甘草湯・抑肝散・葛根湯・柴苓湯・補中益気湯・人参養栄湯・小青竜湯があります。医療機関からの処方だけでなく、ドラッグストアで購入できるような漢方薬にも含まれています。
 甘草を含む漢方薬を数種類、また長期間摂取すると「偽アルドステロン症」と言う副作用を発症することがあります。偽アルドステロン症の症状は、過剰なアルドステロン作用による血圧上昇、浮腫、体重増加や低カリウム血症による手足のしびれや力の入りにくさ、脱力感、倦怠感、また頭痛、口渇、食欲不振などです。発見が遅れると高度な低カリウム血症による不整脈が起こることもあるため、気を付けるべき副作用と言えます。
 一般に甘草の1日量が2.5gを超えると偽アルドステロン症の発症リスクが上がると報告されていますが、例えば風邪でおなじみの葛根湯を添付文書どおりの量で服用したときの甘草含有量は1日量で2.0gになります。漢方薬に含まれている甘草の1日量はほとんどが 3g以下なので問題になることは少ないですが、発症のしやすさは個人差が大きく、高齢者では1日量で1g程度でも発症することがあり、併用薬(利尿薬やインスリン製剤など)により発症リスクが上がることもあります。漢方薬を数種類、長期間服用する場合には甘草の1日総量が多くなりすぎないよう注意が必要です。
 複数医療機関で漢方薬の処方がある場合は、お薬手帳などを保険薬局や病院へ持参し、症状と合わせて確認してもらいましょう。副作用に気を付けながら古来生薬である甘草の力を借りて元気でいましょう!

2021年09月01日