患者さんへ

糖尿病教育入院プログラム

糖尿病教育入院のご案内

~西陣病院は、内科・ 日本糖尿病学会認定教育施設です~
当院は内科・日本糖尿病学会認定教育施設として糖尿病の診療を行っており、糖尿病診療、チーム医療の強化に努めて参ります。

現在、2週間の糖尿病教育入院を中心に行っております。目的は糖尿病悪化の原因をみること以外に合併症の評価、併発疾患の有無の検索で、入院中に必要時、治療薬調節、治療法変更も行います。2週間で、治療が安定しない際は 可能なら退院延期か外来加療に移行させることもできます。
入院中は定期的に、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の間で情報を共有し、問題点や改善点に関してミーティングを行っております。また、適切な食事療法の上で、血糖値が改善したかもチェックしつつ、積極的に可能な範囲の 運動療法が行えるか、循環器医師の検査によりみてもらえます。

当院の特徴として、各専門の科が協力し合い連携診療を行っている点があります。このため、合併症、併発疾患の早期発見、早期治療に努めますので、お気軽に御相談下さい。

教育入院中に行う検査項目

  • 血液検査・尿検査(一般検査、糖尿病性腎症評価、インスリン分泌測定など)
  • 胸部レントゲン
  • 腹部超音波検査、CT 検査
  • 心電図、心エコー、トレッドミル検査(負荷心電図)
  • ABI(足関節上腕血圧比:下肢動脈硬化検査)
  • CVR-R(自律神経検査)
  • 神経伝導速度
  • 眼科受診(眼底検査)
  • 便検査

※その他、必要時、症状や検査結果を踏まえて、臨時の検査、他科対診も可能です。

教育入院中に行う主な指導

  • 栄養指導、服薬指導、看護師によるパンフレットやビデオを用いた糖尿病指導
  • 必要な方に対して、血糖自己測定、注射手技の指導

※御家族も含めて、管理栄養士による個別栄養指導、毎週金曜日に行われている糖尿病教室にも参加してもらえます

入院患者様用の少人数制の糖尿病教室のご案内

医師(糖尿病の基礎知識、糖尿病の合併症)
看護師(低血糖、シックデイについて)
管理栄養士(食事療法)
薬剤師(適宜個別指導)

カンバセーションマップも随時施行することもあります。

カンバセーションマップとは糖尿病患者さんが、数名のグループで話し合い、境遇を共にする患者さんの知識や体験から糖尿病について互いに学び合う、新しい糖尿病の学習教材です。すごろくのような形式で、すすめていき、カードの質問に対して答えたり、カードを質問に対して並べていったりと患者さん参加型の糖尿病教室に使用されます。
※カンバセーションマップは毎週金曜日の糖尿病教室でも随時使用しております。(詳細は糖尿病教室のスケジュールをご確認下さい。)

ご入院の期間

通常、二週間の短期コースです。  病状によって、変わることがあります。

ご入院の流れ

  1. お問い合わせ・診察のお申し込みをいただきます。
          ↓
  2. 外来での診察をお受けいただきます。
          ↓
  3. ご入院手続きをしていただきます。
          ↓
  4. ご入院していただきます。各種検査・指導などをお受けいただきます。
          ↓
  5. 糖尿病への知識を習得いただき、ご退院していただきます。

 

お問い合わせはこちら(必ず事前にお申し込みください。)
西陣病院 地域医療連携室
電話 075-461-8800(代表)
FAX 075-465-7327