西陣だより

日本列島 ”食” めぐり「山口県」

(この記事は2020年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

栄養科  管理栄養士  須惠裕子

全国各地の特色ある料理や名物をご紹介していきます

 

けんちょう

「けんちょう」は山口県の郷土料理で、別名「けんちょう煮」「けんちょう炊き」とも呼ばれます。元々は精進料理であったものが、いつしか一般家庭でも作られるようになったといわれています。大根と豆腐を炒めて醤油やお酒で味付けしただけのシンプルなものから、具だくさんのものまで、家庭によって具材や味付けは多岐にわたるようです。汁を多めに仕上げる「けんちょう汁」と呼ばれる食べ方もあります。大根の旬には少し早いですが、たんぱく源と野菜がとれるメニューになります。

 

けんちょう 1人分:エネルギー 135kcal たんぱく質8g 塩分1.4g
材料 (4人分) 作り方

●大根 300g(10㎝程度)
●人参 80g(小1本)
●木綿豆腐 300g(1丁)
●油揚げ30g(大1/4枚)
●ごま油 大さじ1
★砂糖 大さじ1/2
★みりん 大さじ1
★濃口醤油 大さじ2
★だし 大さじ2
※油揚げはアレンジで追加しています

 

  1. 豆腐は水切りする。(電子レンジの場合、キッチンペーパー2枚で豆腐全体を包み、500Wで約2分)
  2. 油揚げは5㎜幅の短冊切りにし油抜きしておく。
  3. 大根・人参は5mm幅のいちょう切りにする。
  4. 鍋またはフライパンにごま油を中火で熱し、大根と人参を炒める。
  5. 大根が透き通ってきたら、豆腐を手で大きくちぎって加え、油がなじむまで炒め合わせる。
  6. 油揚げと★の調味料を全て加えてふたをして、弱火で汁気がなくなるまで煮る。

    《他アレンジ例》
    鶏肉、ごぼう、椎茸、里芋、こんにゃく など

 

2020年09月01日