西陣だより

アレルギー性鼻炎薬と服用タイミング

(この記事は2021年3・4月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

薬剤部  薬剤師  瀬良 郁実

そろそろ花粉症シーズンが到来します。そこで今回は処方薬や市販薬としても大活躍のアレルギー性鼻炎薬と服用タイミングについてのおはなしです。

おくすりと食事のおはなし

ほとんどのおくすりでは、食事を摂ることにより、胃のはたらきがゆっくりとなり、おくすりが吸収される“はやさ”が変わり、おくすりが吸収される“量”は変わりません。しかし、一部のおくすりでは、“はやさ”だけでなく“量”も変わってしまいます。 今回紹介する市販のアレルギー性鼻炎薬は、食事によって吸収される“量”が影響される場合があります。もし、飲まれているおくすりの効果が感じられないとき、服用タイミングを変えてみることで、おくすりの効果が実感できるかもしれません。アレルギー性鼻炎の諸症状である、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりは、日常生活でつらい症状です。服用のタイミングや回数などライフスタイルにあわせたおくすりを選ぶ時に悩んだ場合は、薬剤師にご相談ください。

アレジオン®20(エピナスチン)

食後に服用した場合、空腹時よりも血中濃度が低くなるため、アレルギー性鼻炎に対しては、1日1回、就寝前に服用する

アレグラ®FX(フェキソフェナジン)

食事の影響を少し受けるので、1日2回朝と夕の食事の前に服用することをお勧めします。ただし、忘れた場合は食後に服用する

ストナリニ®Z/新コンタック鼻炎Z(セチリジン)など

食後に服用した場合、空腹時よりも血中濃度が低くなるため、アレルギー性鼻炎に対しては、1日1回、就寝前に服用する

クラリチン®EX(ロラタジン)

食後の方が吸収されやすいため、1日1回食後に服用する

2021年03月01日