診療科・部門

スタッフ紹介 / 透析センターの取り組み

スタッフ紹介

西陣病院、写真 西陣病院、写真 西陣病院、イラスト 西陣病院、イラスト
副院長
今田 直樹
腎臓・泌尿器科部長
透析センター長

小山 正樹
医 長
塩田 晃司
医 長
野村 武史
西陣病院、イラスト 西陣病院、イラスト
医 員
宮﨑 慎也
医 員
早川 啓太

チーム医療の取り組み

私たちは、専門性を発揮し「チーム医療」を実施しています。

看 護 部 臨床工学技士
西陣病院、写真 看護部 科長
山川 京子
西陣病院、写真 臨床工学科 科長
澤田 正二
医師、臨床工学技士と連携し安全で安心できる透析治療を行うとともに、固定チームナーシングで細やかな看護が提供できるよう日々カンファレンスを実施しています。患者さんの生活をサポートするため必要時は自宅訪問しケア内容を検討しています。また多職種で構成された合併症予防チームがあり、看護師もそのメンバーに入り専門性を高め患者さんが快適に生活していただけるよう支援しています。 透析センターにおいて「安全で良質な透析治療を提供する」という目標を掲げ、透析治療の準備や透析液の作成に始まり、患者様の入室から退室までは勿論、日々の生活全てを治療の一環と考えて業務にあたっています。センター内では、感染対策委員会・事故災害防止委員会・フットケア委員会・糖尿病管理委員会・リンカルシウム委員会など多種の委員会を立ち上げ、患者様を中心に医師・臨床工学技士・看護師・薬剤師・その他コメディカルでチーム医療を実践しています。一方、臨床工学科独自でも透析液清浄化チーム・心疾患監視チーム・オンラインHDF推進チーム・透析効率評価チーム・特殊急性血液浄化チーム・バスキュラーアクセス超音波検査チーム・栄養評価チームなど臨床工学技士としての専門性を発揮し「安全で良質な治療」「データ管理」に努めております。

管理栄養士

透析患者さん自身の食事など「自己管理」が何よりも大切になります。管理栄養士はベッドサイドに出向き又は栄養相談室にて、患者さんの具体的な質問や疑問にお応えし、患者さんがよりよい透析をして頂きますように食事支援をしていきます。

西陣病院、写真

薬剤師

日本透析医学会、日本腎臓学会に所属している薬剤師を中心に、透析治療や慢性腎臓病における薬物療法のスペシャリストを目指しています。
腎臓領域に携わる薬剤師は、新規透析導入される方や他施設での透析導入後、本院で維持透析される方に対して、透析をより長く続けるために必要な薬剤の説明を行います。また、本院透析センターに通院される方が安心して透析治療ができるように、適切な薬物療法のサポートをするだけでなく、「透析教室」や「腎臓病教室」でも服薬管理を中心とした、患者サポートを行っております。

医療ソーシャルワーカー

「透析が必要」と言われた時、患者さんが直面される不安は計り知れないものであろうと思います。同時にさまざまな心理社会的問題を抱えがちになり、病気の回復にも影響を与えかねません。当院では、透析導入時に担当ソーシャルワーカーを決め、以後何年にもわたる透析生活上の困難(経済的問題、社会復帰支援、通院に伴う課題、人間関係上の悩み、合併症の苦痛が生活に与える影響等)に幅広く対応させていただきます。「最期まで自分らしい時間を過ごしていただきたい」との思いを込め、社会福祉の立場から透析医療に関わり、透析チームの一端を担っています。

西陣病院、写真

各種委員会

よりよい治療が行えるように、患者さんを中心に医師・看護師・臨床工学技士・薬剤師・管理栄養士・ソーシャルワーカーの専門スタッフがチーム医療を結成しております。日常の透析業務はもちろんのこと、シャント管理、貧血、リンカルシウム、糖尿病の管理、また事故・災害防止対策、感染防止対策などの委員会を設けて安心、安全に治療を受けていただくよう活動しております。
シャント管理委員会、フットケア委員会、貧血管理委員会、糖尿病管理委員会、リンカルシウム管理委員会、教育委員会、感染防止対策委員会、事故防止・災害対策委員会

西陣病院、写真

合併症対策

透析センターでは、合併症の早期発見・早期治療に対応出来るように種々の検査を実施しております。

各種血液検査 2回/月 腹部CT・超音波 1回/年
胸部レントゲン検査 1回/月 胸部CT 1回/年
心電図検査 1回/3ヶ月 動脈硬化検査 1~4回/年
心臓超音波検査 2回/年