患者さんへ

2018年度 西陣病院 病院情報の公表

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

西陣病院、年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
男性 0 12 36 25 81 219 436 837 723 143
女性 0 4 20 24 88 99 242 568 659 299
合計 0 16 56 49 169 318 678 1405 1382 442
2018年4月~2019年3月の間に退院された患者さんの年齢階級別患者数です。年齢は退院された時点での年齢で集計しています。
年齢階級別では70歳以上の患者さんが全体の71.5%を占めています。 幅広い年齢の方を診療している中で、特に高齢者を中心に診療していることが分かります。 前3年間と比較してもほぼ同水準で推移しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

当院はDPC準備病院でありDファイルの作成を行っておりませんので、本指標の表は掲載いたしません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 59 4 15 10 8 32 1 8
大腸癌 21 22 31 10 9 17 1 8
乳癌 0 1 0 0 0 1 1 8
肺癌 3 0 5 2 4 5 1 8
肝癌 3 4 2 2 4 18 1 8
※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数は胃癌が最も多く、次いで大腸癌、肝癌となっており消化管の癌を多く診療しております。再発癌では胃癌が最も多く、次いで肝癌、大腸癌です。
当院では、これら消化管の癌について内視鏡治療、腹腔鏡治療、開腹術、抗がん剤治療、肝癌については、経皮的局所療法(ラジオ波熱凝固療法、アルコール局所注入療法)、肝動脈化学塞栓療法など患者さんや癌の状態に合わせた治療を選択することができるため、Stage1からStageⅣまで幅広く治療を行っていることが分かります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 12 14.83 58.92
中等症 70 24.00 82.60
重症 13 36.54 87.15
超重症 - - -
不明 - - -
成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数・平均在院日数・平均年齢を集計したものです(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎をいいます)。全国的な傾向として肺炎は罹患率も高いうえ、死亡率も高く悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、老衰に次いで国民の死亡原因にある疾患です。
当院では肺炎重症度中等症例が最も多く、平均年齢は軽症を除いて高く、重症化は少ないものの在院日数は長くなっています。これからも重症化する前に早期診断、早期治療に努めてまいります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 35 44.71 79.77 15.79%
その他 3 22.67 80.00 0.00%
当院では発症して3日以内の急性期脳梗塞が全体の92.1%と高率となっています。平均年齢は79.8歳で高齢者の方が多くなっています。このうち救急車を利用した患者さんは8名です。
脳梗塞は麻痺等による機能障害が残るため、機能回復のために当院の地域包括ケア病棟にてリハビリテーションを行い自宅に退院される患者さんが多く、一部症状に応じて回復期リハビリテーション病院へ転院される患者さんがいらっしゃいます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 490 0.14 1.05 0.20% 67.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 89 8.81 16.85 4.49% 75.69
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 60 2.75 2.55 0.00% 74.00
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 54 1.22 7.39 0.00% 75.80
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 33 4.55 4.24 0.00% 66.64
内科は消化器・循環器・呼吸器等の区別なく、内科で担当しています。
当診療科での手術は内視鏡によるものが多く、最も多いものは大腸ポリープ等を切除する手術です。次いで、総胆管結石等に対して胆道にチューブ等を内視鏡を使用し処置する手術となります。3番目は狭心症や冠動脈狭窄等に対して冠動脈にステントを留置する手術です。
内視鏡や経皮的に行う手術は低侵襲性治療で患者さんの負担や在院日数が軽減されます。

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 2.14 3.27 0.00% 59.31
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 68 0.59 1.49 0.00% 63.78
K6335 鼠径ヘルニア手術 56 0.77 1.91 0.00% 76.05
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 4.03 11.79 0.00% 74.59
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 10 1.10 5.00 0.00% 59.20
当診療科では、安全かつ低侵襲な手術を行っています。特に鼠径ヘルニアや胆嚢摘出、大腸の手術では腹腔鏡を多く使用しています。そのため開腹手術よりも手術から退院までの日数が短縮されています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 55 5.53 33.42 0.00% 73.09
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 27 3.41 62.85 0.00% 85.52
K0821 人工関節置換術(股) etc. 21 1.38 29.62 4.76% 76.29
K0732 関節内骨折観血的手術(手) etc. 20 3.80 30.45 0.00% 64.90
K0811 人工骨頭挿入術(股) 16 4.38 38.63 12.50% 81.00
当診療科では、脊椎疾患、大腿骨骨折などの外傷手術、人工関節置換術を多く行っています。上位5手術施行患者さんの平均年齢は76.2歳となっています。
術後のリハビリテーションを、当院の地域包括ケア病棟及び他院の回復期リハビリテーション病棟で行っていただいています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 178 0.01 0.97 1.12% 75.98
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 10 0.00 0.90 0.00% 75.70
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 1 0.00 1.00 0.00% 62.00
眼科の手術では、白内障に対する水晶体再建術が最も多く、手術件数のほとんどを占めています。緑内障手術との併施も行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 33 7.42 8.49 6.06% 73.42
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 33 1.97 4.76 3.03% 81.06
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 28 2.50 4.32 0.00% 67.11
K610-3 内シャント設置術 20 3.95 23.50 5.00% 72.55
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 11 1.27 6.27 18.18% 81.09
当診療科で実施している手術では、膀胱癌に対する手術と水腎症・尿管狭窄等に対するステント留置術が33件ずつで最も多く実施しています。次いで尿管結石をレーザーで結石を破砕する手術を多く行っています。これらは経尿道的に行う手術で最も多く行っている手術方法です。
また当院では血液透析療法を実施しており、新たにこの療法を導入される患者さんに対し、内シャント設置術を行っています。

血液透析科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 248 5.98 3.28 0.00% 75.09
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 33 10.06 4.39 9.09% 75.85
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.08 1.04 0.00% 70.54
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 17 11.82 11.41 0.00% 76.47
K610-3 内シャント設置術 15 23.73 17.47 0.00% 63.47
当診療科では、透析を受けていらっしゃる患者さんに対し実施した手術を計上しており、最も多いのがシャント内に出来た血栓を除去する手術で248件です。次いで合併症である下肢動脈硬化に対する血管拡張術になっています。またシャント閉塞により、新たにシャントを設置する必要性から内シャント設置術も行っております。
他科との併診により、大腸ポリープに対する切除術や狭心症など虚血性心疾患に対する冠動脈ステント留置術も多くなっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.07%
異なる 13 0.29%
180010 敗血症 同一 1 0.02%
異なる 1 0.02%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.07%
異なる - -
播種性血管内凝固症候群や敗血症は、入院中に免疫力が低下している場合もありウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。これらは重篤な合併症であるため、今後も病院全体で減少に取り組んでまいります。