患者さんへ

2017年度 西陣病院 病院指標

    1. 年齢階級別退院患者数
    2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 脳梗塞のICD10別患者数等
    6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

西陣病院、年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
男性 0 10 38 18 107 225 486 791 701 119
女性 0 3 16 20 55 102 221 560 664 294
平成29年4月~平成30年3月の間に退院された患者さんの年齢階級別患者数です。
年齢は退院された時点での年齢で集計しています。
年齢階級別では80歳以上の患者さんが最も多く全体の30.8%を占めています。
全体では70歳以上の患者さんが70.6%を占めており、幅広い年齢の方を診療している中で
特に高齢者を中心に診療していることが分かります。前2年間と比較してもほぼ同水準で推移しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-副病:なし 430 2.08 2.68479 0.00% 68.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 93 36.59 20.82619 2.15% 86.88
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 67 20.75 17.70713 4.48% 85.66
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 65 2.83 6.82730 3.08% 73.88
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置2:なし 56 8.93 8.73336 0.00% 75.68
内科は消化器・循環器・呼吸器・代謝疾患等区別なく、内科で診療を行っています。
平均年齢は比較的に高めではありますが、最も疾患の多い小腸大腸の良性疾患はこの中では比較的平均年齢は低いです。
2番目の誤嚥性肺炎と3番目の心不全は、特に高齢者が罹りやすい疾患です。
4番目の狭心症、慢性虚血性心疾患は冠動脈造影検査を行っています。
5番目の胃の悪性腫瘍は胃がんであり、内視鏡による手術を行っています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 66 3.02 4.85171 0.00% 61.44
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 50 4.24 5.14820 0.00% 73.76
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 4.63 6.63780 0.00% 60.21
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 27 17.22 15.61249 0.00% 72.63
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 21 7.19 7.39671 0.00% 65.95
外科の症例中、約74.1%は手術が行われています。
胆嚢結石や鼠径ヘルニアといった日常的な疾患から胃、大腸の悪性腫瘍まで幅広く診療しています。
平均年齢も当院の中では比較的低くなっています。
1番目の鼠径ヘルニアは腹腔鏡手術、2番目の鼠径ヘルニアは開腹手術となります。
3番目の胆嚢疾患、5番目の胆嚢水腫、胆嚢炎等はそれぞれ腹腔鏡手術を行いますが、胆嚢炎等の有無で分類されています。胆嚢炎等は後者で、若干在院日数が長くなっています。
4番目の結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍は開腹及び腹腔鏡にて手術が行われています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 46 50.63 27.08671 2.17% 85.85
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-その他の手術あり-処置2:なし 28 20.86 17.28294 3.57% 71.04
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置2:なし 19 50.00 21.70131 0.00% 69.21
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 19 28.42 19.94347 0.00% 82.74
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺-手根管開放手術等 18 5.94 5.51417 0.00% 68.61
整形外科では、大腿骨等四肢の骨折、脊椎疾患を中心に高齢者から若年者までの患者さんをそれぞれの専門医が診療を行っています。
骨折疾患については平均年齢が高くなっています。
2.3番目の脊椎管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎は、術式の違いにより分類されます。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 168 1.84 2.85370 0.00% 75.97
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-片眼 4 3.50 8.50738 0.00% 80.00
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患-手術あり-両眼 3 2.00 5.90174 0.00% 71.33
眼科では白内障、水晶体の疾患を最も多く診療しており片眼を最も多く手術しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術等-処置1:なし-副病:なし 38 5.58 5.74535 2.63% 64.95
110080xx99000x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 31 2.74 10.51606 0.00% 73.55
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 26 12.15 12.22805 0.00% 74.46
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし 23 5.30 7.30737 0.00% 76.30
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置2:なし-副病:なし 22 9.50 8.49885 0.00% 70.45
1番目の上部尿路疾患は尿路結石で当院では体外衝撃波を使用しての治療を行っています。これはほぼ外来にて実施しており、破砕しきれなかった結石や結石の位置が体外衝撃波で割れそうにない場合に経尿道的手術を行っています。
2番目は前立腺の悪性腫瘍でPSA検査・触診・画像検査等のスクリーニング検査により癌が疑われた場合、診断を確定する検査として針生検を実施しています。
3番目及び5番目の慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全については、教育入院及び内シャント設置術が最も多くなっています。
4番目の膀胱腫瘍における手術はほぼ経尿道的手術で行っています。

血液透析科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症-内シャント血栓除去術等-処置2:なし 175 3.77 3.34632 0.00% 74.58
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 111 15.70 12.22805 0.00% 75.28
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 20 6.95 4.62248 0.00% 71.70
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 19 2.79 6.82730 0.00% 72.47
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患-動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし 17 5.65 5.67721 5.88% 75.65
当院では透析療法を実施されている患者さんが380名強、透析導入期から維持期の患者さんが入院され、退院後当院に通院、または他院で継続して透析療法を受けておられる患者さんがいらっしゃいます。
1番目は現在、透析療法を施行中の患者さんにシャントトラブルが発生し拡張術を実施した患者さんです。
2番目は透析療法導入期、薬剤調整、血圧不安定、レスパイトなど様々な患者さんがおられます。
3番目は透析療法施行中の患者さんで合併症として狭心症等虚血性心疾患を発症しカテーテルによるステント留置、バルン拡張術を行っています。
4番目は透析療法施行中の患者さんで合併症として狭心症等虚血性心疾患が疑われ、冠動脈造影検査を行った患者さんです。
5番目は透析療法施行中の患者さんで下肢動脈が狭窄。閉塞した為、カテーテル治療を実施した患者さんです。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 6 7 8 14 25 1 7
大腸癌 23 14 15 9 12 16 2 7
乳癌 0 1 0 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 1 4 6 5 1 7
肝癌 4 8 0 0 1 24 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数は胃癌が最も多く、次いで大腸癌、肝癌となっており消化管の癌を多く診療しております。再発癌では胃癌が最も多く、次いで肝癌となっています。
当院では、これら消化管の癌について内視鏡治療、腹腔鏡治療、開腹術、抗がん剤治療、肝癌については、経皮的局所療法(ラジオ波熱凝固療法、アルコール局所注入療法)、肝動脈化学塞栓療法など患者さんや癌の状態に合わせた治療を選択することができるため、Stage1からStageⅣまで幅広く治療を行っていることが分かります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 22 9.82 58.41
中等症 118 19.72 81.42
重症 12 30.08 83.75
超重症 3 17.67 85.33
不明 - - -
成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数・平均在院日数・平均年齢を集計したものです。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎をいいます。)
全国的な傾向として肺炎は罹患率も高いうえ、死亡率も高く悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、老衰に次いで国民の死亡原因にある疾患です。
当院では肺炎重症度中等症例が最も多く、次いで軽症となります。
平均年齢は軽症を除いて高く、重症化はないものの在院日数は長くなっています。
これからも重症化する前に早期診断、早期治療に努めてまいります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 42 41.05 78.48 6.67%
その他 3 46.67 83.67 0.00%
当院では発症して3日以内の急性期脳梗塞が全体の93.3%と高率となっています。平均年齢は81.1歳で高齢者の方が多くなっています。このうち救急車を利用した患者さんは8名です。
脳梗塞は麻痺等による機能障害が残るため機能回復のために当院の地域包括ケア病棟にてリハビリテーションを行い在宅に退院される患者さんあが多く、一部症状に応じて回復期リハビリテーション病院へ転院される患者さんがおられます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 472 0.10 1.03 0.00% 68.51
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 64 4.80 9.00 0.00% 78.06
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 51 1.57 7.69 1.96% 73.90
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 44 2.66 7.00 0.00% 76.34
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 11.75 13.75 0.00% 75.38
内科は消化器・循環器・呼吸器等の区別なく、内科で担当しています。
当診療科での手術は内視鏡によるものが多く、最も多いものは大腸ポリープ等を切除する手術です。次いで総胆管結石等に対して胆道にチューブ等を内視鏡を使用し処置する手術となります。3番目は狭心症や冠動脈狭窄等に対して冠動脈にステントを留置する手術です。
内視鏡や経皮的に行う手術は低侵襲性治療で患者さんの負担や在院日数が軽減されます。

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 74 0.41 1.80 0.00% 62.30
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.26 3.50 0.00% 62.17
K6335 鼠径ヘルニア手術 59 0.81 3.03 3.39% 73.58
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 6.10 11.66 0.00% 73.52
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 12 2.58 12.33 0.00% 67.25
当診療科では、安全かつ低侵襲な手術を行っています。特に鼠径ヘルニアや胆嚢摘出、大腸の手術では腹腔鏡を多く使用しています。そのため開腹手術よりも手術から退院までの日数が短縮されています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 49 5.12 24.69 6.12% 71.45
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 37 3.19 40.16 2.70% 86.32
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 21 9.10 33.91 0.00% 77.00
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 20 11.05 51.00 0.00% 70.95
K0732 関節内骨折観血的手術(足) etc. 18 2.17 22.78 0.00% 61.39
当診療科では、脊椎疾患、大腿骨骨折などの外傷手術、人工関節置換術を多く行っています。上位5手術施行患者さんの平均年齢は73.4歳となっています。
術後のリハビリテーションを当院の地域包括ケア病棟及び他院の回復期リハビリテーション病棟で行っていただいています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 199 0.00 0.86 0.00% 75.62
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 3 0.00 3.00 0.00% 82.67
K220 結膜縫合術 1 0.00 1.00 0.00% 72.00
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 1 0.00 0.00 0.00% 73.00
眼科の手術では、白内障に対する水晶体再建術200件が最も多く、ほぼ100%近い患者数となっています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 39 2.59 4.39 2.56% 66.00
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 39 0.67 3.97 0.00% 75.82
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 3.03 11.42 9.68% 79.29
K610-3 内シャント設置術 22 2.50 5.55 0.00% 71.82
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 13 0.85 7.46 0.00% 76.62
当診療科で実施している手術では、尿管結石をレーザーで結石を破砕する手術と膀胱癌に対する手術が39件ずつで最も多く実施しています。次いで水腎症・尿管狭窄等に対するステント留置術を多く行っています。これらは経尿道的に行う手術で当診療科で最も多く行っている手術方法です。
また当院では血液透析療法を実施しており、新たにこの療法を導入される患者さんに対し、内シャント設置術を行っています。

血液透析科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 218 9.24 3.88 0.46% 75.11
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 35 7.14 9.43 2.86% 74.31
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 22 7.05 5.41 0.00% 70.95
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 18 0.00 0.89 0.00% 74.39
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 16 0.38 1.00 0.00% 67.75
当診療科では、透析実施患者さんのシャント内に出来た血栓を除去する手術が218件と最も多く、次いで合併症である下肢動脈硬化に対する血管拡張術になっています。
3番目には狭心症など虚血性心疾患対する冠動脈ステント留置術が多くなっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 8 0.18%
180010 敗血症 同一 3 0.07%
異なる 8 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.11%
異なる 4 0.09%
播種性血管内凝固症候群や敗血症は、入院中に免疫力が低下している場合もありウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。
これらは重篤な合併症であるため、今後も病院全体で減少に取り組んでまいります。
手術・処置等の合併症は、大腸ポリープ切除後に出血を来した症例となります。